スポンサーサイト

  • 2017.02.07 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


100首一覧 50〜100(題詠blog2010より)

前半50首はこちらです。

「思い出せるものといったら」

051:番号   番号を書きとめたのはいつだった回せなくても聞こえる返事
052:婆    時が過ぎ老婆となっても君の目はやさしく彼を見つめるだろう
053:ぽかん  昼休みぽかんとしている君のこと聞かないことが忘れないこと
054:戯    幾度も繰り返しては失敗す あの日最後の君の悪戯
055:アメリカ 二時限をエスケープして愛しあう傾いた巣にアメリカの夜
056:枯    枯れた野に少しの雨が滲みるよう小さなきみの言葉に気づく
057:台所   何もない台所から見えるのは遥か銀河を外れたところ
058:脳    この脳に巣食った糸が溶けてゆくそんな気分の君との朝だ
059:病    病とは呼べないほどの哀しみが君に感染したかも知れぬ
060:漫画   あなたから借りた漫画の書き込みを消せず返せず言えず戻れず


「気付かぬままで・・・」

061:奴        明日が来ても奴らの狙いは分からないただ僕たちはさびしくなった
062:ネクタイ  ネクタイの裏にマイクを取り付けて日なが寄せ来る波を数えた
063:仏        仏蘭西のラスコーにある森の中僕らはまったく踏み出せてない
064:ふたご    ふたごなる他方の地球気づかずに毎日少しの人が消えてく
065:骨        骨だけが痩せ細ってくこの地球(ほし)で妄想だけのバナナフィッシュが
066:雛        生物の雛形である人類は変われないまま枯れ落ちて逝く?
067:匿名      君たちがいくら名乗ったとしても匿名なのは変えれぬだろう
068:怒        怒りもて下る大河は何処にあり僕らの列は何時までつづく
069:島        この地球(ほし)は宇宙に浮かぶ小島です孤立無援でなかった筈が
070:白衣      見渡せば遥かな山の峰は白衣旗めく我がニュータウン


「独りであるのが原点である」

071:褪        打ち付けた痛みが引いたその後に動けぬ痛みに想いは褪せる
072:コップ    一杯のコップの水を飲み干してなお癒されぬ渇きなりけり
073:弁        弁明をしている事がイヤになり黙ったことがよりイヤになる
074:あとがき  あとがきに添える言葉を捜してる見つからぬ儘でありますように
075:微        微笑みを映すつもりでみる鏡そこにみつける見知らぬ自分
076:スーパー  スーパーの買い物かごに入れていくただそれだけの思い出ばかりだ
077:対        対数のごとく広がるかなしみに身を浮かばせているだけである
078:指紋      この部屋に付いた指紋は僕のです何故に日毎にかわるのだろう
079:第        今日もまた次第に明けてゆく空になくした昨日思い出してる
080:夜        夜になり朝が来てまた夜になる変われぬままの僕だけのこる


「あなたを忘れてみようと思う」

081:シェフ    前菜からわたし好みの恋でしたシェフのあなたを忘れてみます
082:弾        弾道が下降に入るその前にあなたを忘れられるといいのに
083:孤独      夏の夜の孤独がからだに染み付いた必ずあなたを忘れられます
084:千        幾千の時がわたしを過ぎゆけどあなたを忘れ得ないと思う
085:訛        やわらかな田舎訛りを真似てみる未だにあなたを忘れられない
086:水たまり  ひきつった笑顔をうつす水たまりあなたを忘れる日が来るのなら
087:麗        麗しのあの土曜日がなつかしいあなたを忘れるような気がした
088:マニキュア マニキュアを新しいのに変えましたあなたを忘れたくはないのに
089:泡        あの日々は泡のごとくに消えてゆくあなたを忘れることが出来ずに
090:恐怖      恐怖にもなれない不安があるのですあなたを忘れていいのかどうか


「そして、はじまる」

091:旅        旅に出るというほどの意味はないだろう置き去るものはもう無いのだし
092:烈        強烈な光は何処を射しているそれを求めていくのもいいさ
093:全部      これからは全部あなたに捧げよう気付かなかった今まで以上
094:底        もう一度はじめてみる選択もある心の底から思えているか
095:黒        何色にも変われぬ黒が光浴び違って見える時があるんだ
096:交差      数え切れぬ想いが交差しているねそんな場所から歩き出すんだ
097:換        交換が出来ない過去は何故にある転換出来ぬ明日に踏み出す
098:腕        もう一度自身の腕を信じよう頼るっていう意味ではなくて
099:イコール  イコールにすぐ帰結することだらけきっと何処かで違ってたんだ
100:福        スターテッド未だ戸惑う僕達に祝福とやらをしようじゃないか


完走報告(藻上旅人)

完走できました。3度目になります。

こういう機会を与えて下さいました五十嵐さまはじめ、
助言や励ましを頂いたみなさまに感謝いたします。

100:福(藻上旅人)

スターテッド未だ戸惑う僕達に祝福とやらをしようじゃないか


099:イコール(藻上旅人)

イコールにすぐ帰結することだらけきっと何処かで違ってたんだ


098:腕(藻上旅人)

もう一度自身の腕を信じよう頼るっていう意味ではなくて


097:換(藻上旅人)

交換が出来ない過去は何処にある転換出来ぬ明日に踏み出す


096:交差(藻上旅人)

数え切れぬ想いが交差しているねそんな場所から歩き出すんだ


095:黒(藻上旅人)

何色にも変われぬ黒が光浴び違って見える時があるんだ


094:底(藻上旅人)

もう一度はじめてみる選択もある心の底から思えているか


093:全部(藻上旅人)

これからは全部あなたに捧げよう気付かなかった今まで以上


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
online counter
ブクログ
Twitter
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM