スポンサーサイト

  • 2017.02.07 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


過去の匂い・・・

 

忘れないお前の肌とその匂い夜が明けぬまにさようならする

 

図書館のカビた匂いに包まれて借り出した日の記憶をたぐる

 

忘られぬ 閉じたページの言葉からカビた匂いがやって来るのだ

 

海からの風は部屋には届かずに君の匂いで息ができない

 

新しい街に行きたい これからの僕を支える知らない匂い

 

気づかないうちに眠りに就いていた 君の匂いに呼吸が止まる

 

この街の匂いに気づく 今知らぬ匂いの街へ思いを馳せる
 

身に着いた匂い呼び込む幸せに昨日の愛をデビットニブン

 

 


平成28年10月の雑記

 

結ばれぬ故の強がり決別の窓には笑顔見上げれば雨

 

 


003:超(藻上旅人)

 

振り向けば超えるべき日はあったのに昨日と同じ明日を過ごす

 


002:欠(藻上旅人)

 

その時に欠けたものって何かしら確かに違うココロのカタチ

 


001:地(藻上旅人)

 

あの春の遥かな想いだけ残り地平線すら見えてはいない

 


平成27年10月の雑記


問20解けない午後に眺めてた揺れる黒髪 はじまるよほら

〜お題「ほら」



ただ恋のためかもしれぬ。蜂たちに働く定めなど無いのかも。 〜詞書

巣を離る急旋回の傷癒えぬジョナサンといふ働き蜂が 

〜お題「労働、はたらく歌」

010:玉(藻上旅人)

玉の緒が絶える長さは知り得ずに ほどなく夏は終わりを告げる



009:異(藻上旅人)

気がつけば異界に迷う我が居り ほどなく夏は終わりを告げる



008:ジャム(藻上旅人)

美しい君の旋律なぞるジャム ほどなく夏は終わりを告げる



007:度(藻上旅人)

会う度に親しくなるのが切なくて ほどなく夏は終わりを告げる



calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
online counter
ブクログ
Twitter
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    recent trackback
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM